2017年09月19日

HIVサポートリーダー養成研修に参加して

6月に大阪府看護協会主催のHIVサポートリーダー養成研修に参加させていただきました。

内容は近畿・大阪の感染の現状、最新治療、コンドーム達人講座など、講師の先生方によりユーモアも交えながらで、関心を高めながら参加することができました。ピアサポートなどHIV陽性患者様への支援活動、また感染予防のために高校生などを対象とした出前講義など地域に向けた普及活動が積極的に行われていることを初めて知り、改めてHIVの感染予防の重要性を認識することができました。性の多様性や薬害エイズ等を講義で詳しく学び、患者様の思いも知ることができました。患者様の立場になって考えることが大切であり、プライバシーに配慮しつつも、支援のために必要な情報はコミュニケーションの中でしっかりととっていく必要があることを学びました。

今回の研修の参加者は私のように感染症内科病棟勤務の看護師から訪問看護師、保健師の方たちと様々で、年齢層も新人さんからベテランさんまで幅広くおられ、お互いに刺激をもらうこともできました。今回の学びを病棟スタッフへ伝達し知識普及できるよう頑張ります。次回は10月に開催されるのでみなさんにも是非参加していただきたいです。

 

2017年07月05日

6/1~6/7 HIV検査普及週間

6月1日から7日がHIV検査普及週間でした。この取り組みは、HIVの検査・相談体制に係る情報提供及び啓発を行い、HIV検査の浸透・普及を図ることを目的としています。

日本では現在もなお、診断時に既にAIDSを発症している方が3割おられます。この数値は、先進国の中では高い値です。そのため、HIV検査の浸透・普及を図りHIV感染症の早期発見・早期治療につなげ、エイズ発症を抑えることを目的に平成18年から続けられています。

HIV検査普及週間には、全国各地でHIV検査・相談体制の情報提供や、普及啓発につながる様々な活動が行われています。

大阪医療センター1階の掲示コーナーにも、検査普及を啓発する掲示を行いました。HIVの感染経路とそれを遮断するためのセーファーセックスの重要性、HIV感染症は定期的に通院し内服を続けることでコントロールできること、血液検査は保健所や抗体検査場で無料・匿名で受けられること等をわかりやすく掲示しました。また、HIVに係る様々な資料、検査場のリスト及び予防に必要なコンドーム等を設置しました。多くの方が足を止めて興味深く掲示を見て下さっていました。

 

 

レッドリボンを頭に巻いた女の子は「アイやん」で、大阪の若者の間で広がるHIV感染を「なんとかせなアカンやん!」と奮闘しています。そしてアイやんを支える情報屋さんがレッドリボンマークの服を着た「なうっち」です。どちらも可愛く大阪を代表するゆるキャラです。

2017年05月22日

看護の日

今回は附属の看護学校の「看護の日」のイベントに参加させていただきました。「看護の日」とは、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで5/12に制定され、看護に触れ合う機会として全国でイベントが行われています。今年のテーマは「災害」であり、HIV/AIDSの基礎知識+災害時の対応法について、実際の熊本地震ではどのようにしていたのか・当院での患者指導について、そして感染予防の方法について話をさせていただきました。

看護学生やそのご家族、そして看護学校に入学を考えている高校生を対象に、どのような話し方をすれば興味を持ってくれるのか、より記憶に残るのか、友人や家族など周りの人にレッドリボン活動を広げてくれるのかを考えながら行いました。そして実験を交えて感染予防の大切さについて伝えることができたように思います。

6/1~6/7はHIV検査普及週間となっています。この期間に合わせて街中でもイベントがたくさん実施されます。

皆さんも一緒にレッドリボン活動を広めていきましょう。

 

スライドにて説明を行っている場面です。

たくさんの学生さんたちと交流させていただきました。

実験の様子です。

はじめは透明だった液体が、他の人の液体と混ざるなかで、色が変化します。

感染拡大について視覚的に見えるようにした実験となっています。

 

HIV勉強会係 池添

2017年02月03日

ゆるキャラ紹介 社会貢献キャラ「秘忍者 ジミーハットリ」

今回は、性のことを敬遠しがちな日本の中で、

社会貢献のために活動している「ゆるキャラ」について紹介していきたいと思います。

それがなんとこの子です。その名も「秘忍者 ジミーハットリ」

見た目からも分かるように、コンドームがモチーフとなっています。

ジミー・ハットリ1

 

英語でコンドームを意味する「ジミーハット」から名前がつけられ、

世界エイズデーである12月1日に生まれたという設定です。

去年のゆるキャラグランプリでは総合698位。

東海地方を中心にまわっており、学会やイベント、街頭でのチラシ配りなどで

AIDS・性感染症の防止、子供や若者たちへの性教育、

望まない妊娠・出産からの児童虐待防止などを呼びかけており、

自らも頭にピンク色のコンドームをかぶり啓発活動を行っています。

ジミー・ハットリ2修正

見た目にインパクトがあり、街で見かけたら思わず「なんだろう?」って興味を持ちますよね。

そこからHIV/AIDSのことや性感染症について知るきっかけになっているのでしょう。

少しでも多くの人が知識を持ち、正しい方法でコンドームを使用し、

HIV/AIDSや性感染症が広がらないよう行動していくことが大切ですね。

私たちもジミーハットに負けないように、当院で情報発信していきたいと思っています

 

エイズ看護プロジェクト 池添 結

2017年01月05日

第30回日本エイズ学会に参加して

%e7%ac%ac30%e5%9b%9e%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e3%81%ab%e5%8f%82%e5%8a%a0%e3%81%97%e3%81%a6

 

2016年11月24日~26日、鹿児島県で第30回日本エイズ学会学術集会が開催されました。日本エイズ学会は、エイズとHIVに関する諸問題の研究の促進、会員相互の交流および知識の普及と啓発をはかることを目的としています。学術集会が年1回開催されており、今年のテーマは「エイズ学の過去、現在、そして未来」でした。このテーマは、「30年を1つの節目として、わが国におけるエイズ学の過去から現在に至るまでの足跡を総括し、それを基に、今後エイズ学が何を目指し、どのように発展していくのかを考えるきっかけにしたい」という思いから決められたそうです。
私自身は、エイズ学会への参加は今回で5回目となりました。エイズ学会では、市民公開講座・特別講演・シンポジウム、一般演題としてHIVに関連する研究や取り組みの発表・症例報告が行われています。発表者は、医師・薬剤師・看護師・医療ソーシャルワーカー・心理士など病院でサポートしている職種だけでなく、地域のケアマネージャー・保健師・訪問看護師、HIV陽性者やNGO団体のスタッフ、HIVに関連する企業など様々です。何らかの形でHIVに関わっている異なる立場・価値観の人が、お互い尊重し合いながら、活発な質疑応答や意見交換を行っているところがエイズ学会の魅力だと感じています。エイズ学会は私にとって、最新の治療やHIV/AIDSの動向について知る機会であると同時に、HIVに関わる人たちと地域を越えて交流する機会でもあり、毎年楽しく参加しています。また、エイズ学会ではHIV陽性者も積極的に知識を深めたり発言したりすることで医療に参加していこうと、スカラシップ制度も導入されています。「患者中心の医療」の実質的展開として、とても良い制度だと思います。
第31回日本エイズ学会は、東京で開催されるそうです。一度参加してみませんか。

 

 エイズ看護プロジェクト 中本 弘香

2016年11月01日

12月1日は世界エイズデー

%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%ba%e3%83%87%e3%83%bc

 

朝晩めっきり涼しくなってきましたが、体調はくずしていませんでしょうか?

さて、今回は世界エイズデーについて書かせていただきます。

世界エイズデーとは、世界レベルでのエイズの蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的にWHOが1988年に制定したものであり、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

私も、今年度からエイズ看護プロジェクトに参加し、各国で様々な取り組みがされていることをはじめて知りました。ここ大阪でも、世界エイズデーの前後にかけて、エイズに関する様々な領域で活動するNPOや個人・団体が、自治体・企業・メディア等と連携しながらたくさんのイベントを企画されています。私もまずこの活動に参加することから始めたいと思っています。このイベントは気軽に参加できるそうなので、一緒に働いている病棟のスタッフも連れていこうと考えています。みなさんもご一緒しませんか。

また、当センターでは1階薬剤部窓口横のスペースに世界エイズデーに関するポスターをエイズ看護プロジェクトが作成し、11月28日から12月4日にかけて掲示予定です。ぜひご覧下さい。

 

                     エイズ看護プロジェクト 経堂 可奈

 

2016年10月07日

エイズ看護プロジェクトメンバーについての紹介

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

 

私は、エイズ看護プロジェクトメンバーとして活動している横山聖子です。

昨年11月より育休から復帰し、現在外科病棟で働いている7年目の看護師です。

今回、このようなプロジェクトに参加することも初めてになります。

私の働く病棟は、外科手術を目的とした患者さまを受け入れており、HIV/AIDSを既往に持った患者さまもいらっしゃいます。当病棟は、HIV/AIDSの専門病棟ではないですが、プロジェクトメンバーとして活動する機会をいただいたので、専門病棟でなくとも一人一人のスタッフが自信を持ってHIV/AIDS看護に取り組めるようになることが私の目標です。

まずは自己の知識を増やすための学習に加え、病棟内のスタッフを対象とした勉強会を開催するために準備をしているところです。HIV/AIDS看護に興味関心を持つきっかけを作り、病棟全体の看護を向上させられるよう活動していきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

エイズ看護プロジェクト 横山 聖子

 

 

2016年09月30日

院内講演会開催

%e9%99%a2%e5%86%85%e8%ac%9b%e6%bc%94

 

 9月30日(金)世界血友病連盟前会長のマーク・スキナー氏をお迎えして、院内講演会『Unlocking the potential of Patient Reported Outcomes to Determine Value and Inform Healthcare Decisions;「PRO(患者報告アウトカム)による患者主導型個別化医療の可能性」』を開催いたしました。

 

 途上国や先進国の抱える問題点など広い分野の医療者に共通する大変興味深いお話をお聞きすることができました。

2016年09月16日

ベトナムで開始された自己検査の取り組み

 朝夕はずいぶん涼しくなりましたね。先日、ニュースでベトナムでのHIVに対する取り組みが取り上げられていました。発展途上国のエイズ問題への取り組みとして興味深いものでしたので紹介したいと思います。

 

“ベトナムで初めてとなる「HIV自己検査」の開始式典が8月26日、ホーチミン市で開催された。試行期間中は、HIV自己検査キットが無料で配布される。このキットで唾液または指先の血液を自分で検査すれば、20分後に結果を知ることができる。ヘルシーマーケット(Healthy Market)プロジェクトの一環で、米国国際開発庁(USAID)と国際的非営利組織PATHが、ベトナムの保健省と共にホーチミン市とハノイ市で試験的に実施する。

在ベトナム米国大使館の テッド・オシウス大使は、「HIVに感染するリスクのある人は誰でも、プライバシーを守りながら容易かつ安全に検査することができる」と強調した。ヘルシーマーケットのビー・ゴック・バオ医師は「試行は5月末から始まっており、これまでに377人がHIV自己検査に参加し、7%の人に陽性反応が出た。彼らは全員治療を受けている」と明らかにした。”

 %e7%9c%8b%e8%ad%b7%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%889%e6%9c%88

VIETJO [ベトジョー] 2016/08/31 16:39 JST配信

http://www.viet-jo.com/news/social/160830080729.html

 

 このような取り組みが先進国の援助で実施され、HIVの早期発見・治療につながっているのは素敵だと思いました。無料のHIV検査は、日本でも保健所等で匿名で受けることができます。今回のニュースをきっかけに調べてみると、大阪では各地区の保健所・保健センターやchotCASTなんばで実施されていました。梅毒・クラミジアなどのSTD検査を同時に実施していたり、即日検査や夜間検査を実施する保健所等も増えてきているそうです。大阪医療センターの近くにある大阪市中央区保健センターでも、第1金曜日に即日検査が実施できるようになっていました。実施されている曜日・時間や同時に検査できるSTDを確認して、私自身も検査に行ってみたいと思います。

エイズ看護プロジェクト 中本 弘香

2016年09月08日

HIV/AIDS看護師研修(初心者コース)開催

 7/26 7/27に、HIV/AIDS看護師研修(初心者コース)の研修が当院にて行われました。近畿圏の病院から多数の看護師が参加されました。参加者は専門病棟・外来の方が主でしたが、HIV/AIDS専門病棟外で勤務されている方も多数おられ、中には助産師の方や管理的役割の方など、参加者層も幅広いものでした。

 研修プログラムとしては、HIV/HIDSの疾患の基礎、服薬指導・支援について、看護支援(外来・病棟)、性の多様性といった内容が織り込まれていました。また、MSWや薬剤師・医師.HIVコーディネーター看護師を交えて、事例検討やチーム医療についてのグループディスカッションもあり、実際の経験談も伺うこともでき、具体的で充実した研修となりました。

 私自身は、HIV/AIDS看護プロジェクトメンバーとして、研修のアシスタントをさせていただきました。研修の時の参加者の真剣なまなざしと、質疑応答時の活き活きした顔が印象的でした。アンケートでこの研修の感想等を伺った結果、「拠点病院での実際を知れて良かった、今後に活用したい」、「ディスカッションンを通じて、患者様の気持ちや各段階での看護に携わる気持ちを知れた」、「再認識する場となれて良かった」、「次回も参加したい」、と言った言葉を頂きました。私自身もまだまだ勉強することが多いのですが、その言葉を拝見して今回の研修に少しでも携わる事ができたことを嬉しく思いました。

 とても充実した研修ですので、まだ院内で参加されていない方にも、良い機会なのでぜひ参加してみては?!と声をかけていきたいと思っています。

  HIV/AIDS看護プロジェクトメンバー 手術室 田中美智子

h28%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab%e7%a0%94%e4%bf%ae%ef%bc%88%e5%88%9d%e7%b4%9a%ef%bc%89

1 / 3012345...102030...最後 »