Archive for 2010

近畿ブロック都道府県・エイズ拠点病院等連絡会議

2010.12.24

平成22年度 近畿ブロック都道府県・エイズ拠点病院等連絡会議が開催されました。国立国際医療研究センター病院エイズ治療・研究センター長 岡慎一先生による「HCVにも感染している血友病/HIV感染者の問題点」、また大阪医療センター感染症内科上平朝子医師による「近畿ブロックにおける病院連携とブロック拠点病院の役割について」の講演がなされました。近畿ブロックの拠点病院および都道府県のHIVご担当者にもご参加いただき、HIVの治療について、近畿ブロックの現状についての最新情報が得られました。

HIV/AIDS看護師研修基礎②コース開催

2010.12.06

HIV/AIDS看護プロジェクト主催による看護師研修基礎②コースが、先月開催されました。基礎①コースから引き続き、院外から82名、院内から9名の方に参加していただきました。                                           今回は外来療養支援の実際、病棟看護の実際、服薬支援の実際についての講義をしました。また、2例の事例検討も行い患者支援の実際をよりイメージができたのではないでしょうか。                                        12月には、HIV/AIDS看護師研修応用①コースが実施されます。基礎からさらに内容の濃いものになっており、よりHIV/AIDS患者看護に活かすことが出来ると思います。応用コースは、本研修を入門編から受講していただいた方のみが参加出来るようになっております。ご了承ください。

第24回日本エイズ学会学術集会・総会

2010.11.29

11月24日より26日まで、東京のブランドプリンスホテル高輪/ザ・プリンスさくらタワー東京にて、日本エイズ学会が行われました。今回はポスター発表も多く、発表の時間にはたくさんの人が詰めかけ活気がありました。「垣根を超えよう」という今回のテーマにより、基礎・臨床・社会・ソーシャルワーク・看護・薬剤・心理・医療体制・陽性者支援などの分野から、枠にとらわれず垣根を越えた発表・討論がなされました。

HIV/AIDS看護師研修基礎①コース開催

2010.11.08

 

 エイズ看護プロジェクト主催による、HIV/AIDS看護師研修基礎①コースが開催され、院外から83名のご参加をいただきました(院内からは10名)。

 今回はHIV/AIDSの基礎や臨床心理士の業務の実際、社会資源の活用、服薬支援についての講義がありました。また、講師に宝塚大学看護学部の日高庸晴先生をお招きし、MSMの背景とおかれている現状について講義をしていただきました。双方とも、チーム医療を行う上で興味深い、貴重な内容でした。                                          

 11月15日には基礎②コースが開催されます。本研修を入門編からご参加いただいた方のみの参加となります。あらかじめご了承ください。

HIV感染症医師実地研修終了式

2010.11.01

 

 

HIV感染症医師実地研修のプログラムがすべて終了し、終了式が行われました。
この1ヶ月間で学ばれたことを、今後の診療に活かしご活躍戴ければ、スタッフ一同、これほど嬉しいことはありません。
先生方、1ヶ月間お疲れ様でした。

東北ブロックAIDS/HIV薬剤師連絡会議

2010.10.26

 

10月23日(土)、東北ブロックAIDS/HIV連絡会議で仙台医療センターへ行ってきました。
以前、働いていた薬剤師の先生にも再会し、実りある会議となりました。
仙台名物の牛タンは絶品でした。

大阪抗HIV薬勉強会

2010.10.19

10月16日(土)、近畿地区でHIV業務に携わる薬剤師を対象とした勉強会を開催しました。
各施設の現状、治療薬アップデート、認定制度、症例検討など、数多くの議題について討論を行いました。
今回は院外薬局薬剤師の参加もあり、抗HIV薬の院外処方が推進される中、院外薬局との連携も重要であることが再確認できました。

HIV感染症実地研修会 懇親会

2010.10.18

 

以前、HIV感染症医師実地研修のブログをアップさせて戴きましたが(http://www.khac.net/blog/archives/1598)、
朝9:00~夕方5:00までビッチリ座学の前半プログラムが終了し、週明けからは後半プログラムの病棟実習が始まります。
折り返し地点の10月15日、懇親会が行われました。
ボリューム満載の豚しゃぶを食べ、飲み、食べ、そして飲み、先生方同士のお話も盛り上がり、楽しい時間はあっという間に過ぎました。
後半プログラムに向け、充電して戴けました、よね?!

PLuS+2010 FINALへ行って来ました!

2010.10.11

PLuS+は、エイズの予防啓発と、陽性者への支援・共生、そして、コミュニティの活性化をテーマとしたお祭り型複合イベントです。昨年に引き続き(http://www.khac.net/blog/archives/886)、今年も行って参りました!

 

 

             前日までの雨が嘘のような、この青空!暑いくらいの晴天でした。

 

 

                 「HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究」の班員の先生も、
                 今年はブースを出していらっしゃいました。

 

 

昨年同様、フィナーレはド派手なドラァグクイーンが揃い踏みです。
PLuS+は今年をもって、一旦休止となります。次なるチャレンジやステージにむけての休止ということなので、期待して待ちたいと思います。

 

 

PLuS+公式HP → http://www.mash-osaka.com/plus/

新製品のお知らせ

2010.10.07

 

 

 

香港の地下鉄には、上の画像のように、エスカレーターの横の壁に宣伝広告や政府からのお知らせ、地下鉄マナーの喚起などが貼られています。
その中に、コンドームの広告を見つけました。日本のサガミオリジナルからの新製品のようです。<日本製造!>と書いてあります。老若男女すべての人が利用する地下鉄で、このようにコンドームの広告が大きく張り出されているのは、日本ではないことですよね。しかし逆に、老若男女すべての人が利用する地下鉄は、コンドーム使用を喚起するにはふさわしい場でもあると思いました。・・・・・・なかなか刺激的な宣伝文句ですけどね。