Archive for 2015.12

12月1日 世界エイズデー

2015.12.17

 12月1日は世界エイズデーでした。世界中でHIV/エイズに対する啓発活動が行われました。
今年のテーマは AIDS IS NOT OVER ~だから、ここから~ であり、大阪では、“大阪エイズウィークス2015”など多数のイベントや積極的な検査への啓蒙活動も行われていました。

1201写真

 当院でも1階ロビーの薬局横の掲示板にも世界エイズデーに関する事の掲示を行いました。
少しでも多くの方にHIV/AIDSの正しい知識や情報を知っていただきたい思いで作成しました。HIV/AIDSの知識の掲示や、大阪でのイベント案内や検査開場の案内パンフレット、各団体のパンフレットやコンドーム等、ご自由に取って下さるように設置しました。季節柄クリスマスも近く、掲示のイラストにもクリスマスツリーを加えました。HIV/AIDSに関する事をご理解いただいた方には、このクリスマスツリーにレッドリボンの飾りを貼っていただくようにしました。
 掲示し始めは、どのぐらいのレッドリボンがツリーに飾られるのかどきどきしていましたが、掲示終了頃には、ツリーの緑が隠れるくらいレッドリボンが飾られたクリスマスツリーとなり、そのツリーに寄せられた理解や協力を目で見て実感することができ、あたたかい気持ちになりました。どんな些細なことでも理解や協力は愛があるからできることなのだと思うので、この素敵なツリーをいつまでも眺めていたい気持ちになりました。
 私は手術室に勤務しておりプロジェクトメンバーとして活動しています。専門病棟や関連病棟のスタッフの知識の豊富さに初めはびっくりしたのを覚えています。プロジェクトに参加するようになって、プロジェクト活動を通じてやHIV/AIDS看護関連のセミナーに参加して学んだことを病棟スタッフとも共有し、病棟全体がレベルアップできるように関わっています。そして患者様一人ひとりが安心して手術を受けられるように準備を行うことや、その方にあった最善の看護が行えるよう考えプランを立て関わることに努めています。これからも最善を尽くし愛のある関わりに努めていきたいと思っています。

エイズ看護プロジェクト  情報発信グループ  田中美智子