Archive for 2017.07

6/1~6/7 HIV検査普及週間

2017.07.05

6月1日から7日がHIV検査普及週間でした。この取り組みは、HIVの検査・相談体制に係る情報提供及び啓発を行い、HIV検査の浸透・普及を図ることを目的としています。

日本では現在もなお、診断時に既にAIDSを発症している方が3割おられます。この数値は、先進国の中では高い値です。そのため、HIV検査の浸透・普及を図りHIV感染症の早期発見・早期治療につなげ、エイズ発症を抑えることを目的に平成18年から続けられています。

HIV検査普及週間には、全国各地でHIV検査・相談体制の情報提供や、普及啓発につながる様々な活動が行われています。

大阪医療センター1階の掲示コーナーにも、検査普及を啓発する掲示を行いました。HIVの感染経路とそれを遮断するためのセーファーセックスの重要性、HIV感染症は定期的に通院し内服を続けることでコントロールできること、血液検査は保健所や抗体検査場で無料・匿名で受けられること等をわかりやすく掲示しました。また、HIVに係る様々な資料、検査場のリスト及び予防に必要なコンドーム等を設置しました。多くの方が足を止めて興味深く掲示を見て下さっていました。

 

 

レッドリボンを頭に巻いた女の子は「アイやん」で、大阪の若者の間で広がるHIV感染を「なんとかせなアカンやん!」と奮闘しています。そしてアイやんを支える情報屋さんがレッドリボンマークの服を着た「なうっち」です。どちらも可愛く大阪を代表するゆるキャラです。